こんな時だから確認しておきたい火災保険

東北地方で震災にあわれた方のことを思うと、心苦しくなる日々です

東北地方、静岡東部での地震でも揺れは大きかったモノの直接的な被害はなかった当地域ですが、食料、生活用品、ガソリンなどを大量に買い求める人々によりかなりの品薄状態になっています。

支援物資を届けるためにも該当地域以外の方には冷静な対応をしていただきたいものです。

こんな時だからこそ冷静になって、自分の周りのことも見直してみませんか?



そこで、火災保険の内容を再確認


通常の住宅火災保険では、水害、地震、津波での被害では補償されません。

地震、津波は地震保険を住宅火災保険のオプションとして地震保険を別途付ける必要があります。地震保険の補償範囲は建物5,000万円、家財1,000万円を限度に火災保険の30%〜50%の範囲内まで。さらに、損害の度合いによって支払われる額は変わってきます。

ちなみに、近年建てられている高層建築物などでは地震保険を付けていない場合が多いと聞きいています、保険を掛けるよりは、免震のタメの設備に投資しているだとか。


水害は「住宅総合保険」などにより補償されます。住宅総合保険は住宅火災保険より多くの災害に対応しています。


なお、建物への補償と家財への補償は別になっている場合もありますので確認が必要です。


ザックリとした内容でしたが、不安に煽られて焦るばかりではなく、このような内容を確認する必要もあるのではないかと思い書いてみました。


地震のあとで、改めて本棚を固定しているツッパリ棒などを確認してみましたが、ネジが緩んでいてグラグラしていたりしました、コチラも今一度確認してみてください。


被災地の一日も早い復興を祈りつつ・・・

60歳以上の保険に加入すべき?

僕には夢がある♪、希望がある♪、、、持病がある
なんて衝撃的なCMありますが

最近TVCMでよく放送されている高齢者用の保険、これらの保険に入ったほうがいいのかな?との質問を受けましたので調べてみました

大半は60歳以上で80歳までの方なら持病を持っていても入れますって言うパターンですね

さて、このような場合どう考えればよいのか?

私が調べた範囲の知識で簡単に答えるとすえば、毎月保険に当てる相当額を貯金すれば同じ、といったような感じでしょうか?


高齢者向けの保険に入っておくべき積極的な理由を探すとすれば

これまで病気を理由に保険に入れなかったとか

退職と同時にこれまで会社で入っていた保険が満期をむかえ現在保険に入っていないとか

どうしても最先端の先進医療による治療を受けたい、なんていう場合には相応のオプションがついた保険に入っておくと安心です

今回の相談者さんの保険証券を見る限りでは、入院時に日額1万円の医療費が下りるタイプの保険には入っているようでした、ただし最大20日間までの制限でしたので、大きな病気となるとチョッと不安が残るところでは有りますが。

上記のように説明しましたら「じゃぁとりあえず入らなくていいね」ということで納得されたようです

相当額は貯金しておいたほうが良いですよというアドバイスは受け入れてくれたのでしょうか?

気がつくと保険を失効してしまいました

1年ほど前のお話です

書類の整理をしていたら、「大変な事態」が判明しました!!
私が唯一掛けていた保険が無効になってしまっていたんです。
これはなんとも大変な(?)事態です。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っているのに・・・

やはり無保険ってわけにはいかないですよね、ってことで、保険について考えてみることにしました。

保険失効の原因

保険会社からの説明文によると、支払いに使用しているクレジットカードが保険料の支払いに使用できなくなったんだそうです。

そのうちに振替口座の用紙でも送ってくるのだろうとほったらかしにしていたのがいけなかったようです・・・。

いちおう、電話で問い合わせをしてみました、失効してから時間がたちすぎているためどうにもなりませんとのつれないお返事でした。

ちなみに愛犬はしっかり保険に入っています

我が家の愛犬は生後6ヶ月ごろからしっかりと保険に加入しています。

どうぶつ健保の決定版⇒「アニコムのどうぶつ健保」


加入できる動物
犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットの5種類です。

アニコムの保険の特長
・掛け金が低廉
・狂犬病を除くすべての病気・ケガを保障対象
・1日目からの通院から入院・手術までフルカバー
・アニコムの健康保険制度対応病院であれば、病院窓口で証券を提示するのみで、自己負担額のみの支払

さらに、2つの特約を別途付加することができます。

1)賠償サポート特約
どうぶつが他人に噛み付いたりすること等によって、他人の身体や財物に被害を与え法律上の賠償責任が生じた場合、5,000万円の範囲内で補償
(ただし一事故につき3000円のみ自己負担願います)

2)予防サポート特約
予防接種(狂犬病ワクチンを除く)などの予防措置を行われた場合、1年間に一度、5,000円をお支払いする、積み立てタイプの特約です。

※なお、掛け金は、動物の種類、すんでいる地域などにより異なります。




ご加入はコチラから「アニコムのどうぶつ健保」

どんな保険を選ぶ?

保険にあまりお金を掛けたくない、これ本音。

私(30代、独身、自営業)の場合、どんな保障が必要かを考えてみます

必要な保障
・ケガや病気になった時の保障
・働けなくなったときの保障
・老後の保障

この項目の中で、急がなければならないのは、ケガや病気への保障ですね。
自営業者の場合は急に働けなくなったり、失業しても保障がないので、対策は必要です。
老後の保障はそれなりの蓄えが必要ですが個人年金などの選択肢もあります。

あまり必要ではない保障
・死亡時の保障
・家族への保障
・子供の養育費

必要でないものは、人それぞれの考え方によって違うと思いますが、独身者の場合でも、誰かにお金を残したい場合には必要です、将来に備えたい場合でも、保険を選ぶか、今は貯蓄や投資などにまわすかの選択になると思います。

緊急性がない場合、多少リスクが高めの長期型金融商品などに投資するのもありだと個人的には考えます。

※生命保険の大まかな分類はコチラでチェックしてください。

医療保険

医療保険!これは最近ではいっぱい商品があります、ラインナップ、価格ともそれなりの商品が探せそうです。

TVをみているとウザいぐらいにCMが流れていますが、無視してもいられません。

医療保険だけを単独で掛けた場合に問題になるのが、保障の範囲です、ただ安いのではなく保障の範囲が限定されていますので注意が必要です。

私の場合は、自営業という立場なので、職の保障も、休職中の保障も、退職金も無いわけですから、リスクを考えると、サラリーマンの方より多く蓄財が必要になるはずです。

離職時の保障は・・・どうしましょう・・・?

------------------------------------------------------------------------------------------------

年金をどうする?

老後(65歳以降)の生活で必要といわれている金額は、夫婦2人で月額24万円程度データがあります、総額にすると6千万円!!程度です。

老後までの、30年間で6千万円を貯めるシミュレーションをしてみてビックリ!

月々9万円を積み立て、それを4%ぐらいの利率で※福利運用し続けないといけないんです・・・!月9万円積み立てって、コリャ大変だぁ。

------------------------------------------------------------------------------------------------


福利運用とは
運用で出た利益(利子)を上乗せしてさらに投資する運用方法

年金のシミュレーション

私の場合の年金額シミュレーションをしてみました

現在国民年金基金に加入していて、65歳から月額15万円程度が支給されるように掛けていますので、前回の内容から、残り10万円程度あれば月々の生活はOKってことですから・・・

元金に100万円を調達し、月々4万円を積み立てて、それを3%の利率で運用し続ければ、65歳時に月額10万円程度が確保できるようです。

とりあえずこんな感じです。

exclamation×2そのときに、国民年金が支給されるんであれば、その額が加算されますね。

3月某日(1)

突然ですが、医療保険を一件申し込みました。

気が付いたら誕生日まで一ヶ月を切っていたのです、このタイミングで申し込んで現在の年齢で処理してくれるのかは不明ですが(たぶん無理だろうけど)、多少でも安ければという浅はかな発想から緊急的な申請です。

こんなイイカゲンなやりかたをしているから、保険を切らしたりしちゃうんでしょうね。ふらふら

------------------------------------------------------------------------------------------------



医療保険・がん保険といえばアフラック 簡単・便利な通販で

3月某日(2)

申請用紙が戻ってきましたがく〜(落胆した顔)

職業欄に書いた内容がフリーター扱いされちゃったみたいです・・・。ちっ(怒った顔)

これで誕生日前の引き落としはほぼ不可能、しかし、このまま無保険のままいくわけにもいかないので、電話で事情説明をして、書き方を教えてもらい、再送付しました。

------------------------------------------------------------------------------------------------



医療保険・がん保険といえばアフラック 簡単・便利な通販で

4月某日

契約のしおり・約款が送付されてきました

虚偽記載等は無いのでこれで多分通過はしたんでしょうね。

でも、価格は誕生日が過ぎた後のものでした・・・当たり前か・・・意味ねぇ〜。(-_-;

5月某日

無事に第一回目の引き落としが行われました、これで保険の契約終了です。

今後の課題

まあ、何はともあれ、これでとりあえず医療保険は契約終了しました、残された問題は、非常時の生活保障ですね。

入院費用は日額1万円でますが、働けない期間の収入保障は付いていませんので、これを補填する方法を解決しなければ、安心して入院しているわけにもいきません。

収入の補填となる蓄財の方法を色々と検討中です、が、株やFXは全然成果あがらないし、中国系のファンドは一時の勢いがないし、やはり積立額を上げていくしかないですかねぇ。

------------------------------------------------------------------------------------------------


とりあえず、生命保険のお話はここまで、蓄財は今でも課題のまま^_^;

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。