こんな時だから確認しておきたい火災保険

東北地方で震災にあわれた方のことを思うと、心苦しくなる日々です

東北地方、静岡東部での地震でも揺れは大きかったモノの直接的な被害はなかった当地域ですが、食料、生活用品、ガソリンなどを大量に買い求める人々によりかなりの品薄状態になっています。

支援物資を届けるためにも該当地域以外の方には冷静な対応をしていただきたいものです。

こんな時だからこそ冷静になって、自分の周りのことも見直してみませんか?



そこで、火災保険の内容を再確認


通常の住宅火災保険では、水害、地震、津波での被害では補償されません。

地震、津波は地震保険を住宅火災保険のオプションとして地震保険を別途付ける必要があります。地震保険の補償範囲は建物5,000万円、家財1,000万円を限度に火災保険の30%〜50%の範囲内まで。さらに、損害の度合いによって支払われる額は変わってきます。

ちなみに、近年建てられている高層建築物などでは地震保険を付けていない場合が多いと聞きいています、保険を掛けるよりは、免震のタメの設備に投資しているだとか。


水害は「住宅総合保険」などにより補償されます。住宅総合保険は住宅火災保険より多くの災害に対応しています。


なお、建物への補償と家財への補償は別になっている場合もありますので確認が必要です。


ザックリとした内容でしたが、不安に煽られて焦るばかりではなく、このような内容を確認する必要もあるのではないかと思い書いてみました。


地震のあとで、改めて本棚を固定しているツッパリ棒などを確認してみましたが、ネジが緩んでいてグラグラしていたりしました、コチラも今一度確認してみてください。


被災地の一日も早い復興を祈りつつ・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。