クレジットマスター詐欺で逮捕&私の秘密

クレジットカードを利用した新たな詐欺、クレジットマスター」というものが発生しているようです。

クレジットマスターとは

クレジットカードを入手し、それ数字を元に計算を繰り返すことで、実際に利用できる誰か(他人)のカード番号と、有効期限が抽出されてしまうというもの。
この番号抽出には自動生成ソフトもあるようですね。。。

運悪く、私の(あなたの)カード番号が抽出されてしまう可能性もあって、しかも、防ぎようがないのだそうです。

ただし、クレジットカードの請求は、犯罪等に巻き込まれて、実際に自分が購入したものでないことが証明できれば、支払いの義務はないという取り決めをしている会社が多いようなので、毎月の請求などはシッカリチェックして、おかしいなと思ったら、カード会社に連絡を入れれば、引き落とされることは無いようです、連絡しないと実際に引き落とされちゃいますからね。

カード作成をインターネットから申し込むと、カード会社からしつこく『カード利用がわかるメール通知サービスに入りましょう』とのお誘いが来るのですが、引き落としとか多いカードだと頻繁に届いてウザいんですよね、「えぇ〜、また引き落とされたのぉ」ってへこむことも。。。

でも、この通知サービスも利用しておいたほうがよさそうです、自分が使った覚えがなければ早急に対策が取れますからね。

ニュース番組では、カード番号と、有効期限の入力のみで、名前の入力が義務化されていないところで被害が発生しているようなことを言っていましたね、さすがに名前までは抽出できないようです。

これから、カード番号と、有効期限、名前の入力は必須になるのか知れません、あと、特殊な3.4桁くらいのカードの裏などに書いてある番号の入力を促すサイトもありますよね、メンドクサイですけど増えていくのでしょうね、しょうがないのかもしれませんが。



さて、私の秘密なのですが、、、えっ、興味ないですか?

う〜ん、クレジットマスターの犯罪者以外は興味ないことかもしれませんね・・・



名前の入力といえば、私の手持ちのカードのうち一枚、英語の名前のつづりが間違っているものがあるんですよね、、、

通常の申請時には英語表記で"ZU"と打つところをローマ入力時の表記"DU"で申請しちゃったようです

このカードの利用時に名前を入力するサイトもあるのですが、どちらの表記でを打っても通ります・・・(笑

名前の入力が義務になっているサイトでも、実はチェックしていないのかも知れません。。。
今度カード会社に問い合わせなくっちゃです。

ちなみに、クレジットカードの上4桁は会社番号などの決まりがあるようです、ということは、残りの12桁の中には、有効期限情報とかも入っているのでしょうか?だからカード番号と、有効期限を入力するだけで、あっという間に正しいカードと認識できるのかしら???

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。